野遊のリード伸ばせるだけ伸ばし 井上基

 季題は「野遊」。「踏青」、「青き踏む」という季題もあるが、それらより時間的にも空間的にもやや広い感じがある。「リード」にはさまざまな意味があるが、ここでは犬を繋ぎ止める紐の謂い。近年の「ことば」である。まだ『広辞苑』には登録されていない模様だが、電気の「引き込み線」・「導線」から援用されたものであろう。さらに新聞記事などの「導入部分」の意味でも使われる。また英語でのスペリングも発音も異なるが、簧(した)の意味の「リード」も日本語の中では使われる。これはクラリネットなどの音源の振動を作るもの。「リード楽器」などともいう。

 話は変わるが、最近ある句会で「ホーム」という言葉を使った句が出て、それを筆者は鉄道の「プラットホーム」ととって選句し、解説もした。ところが仲間の一人が「老人ホーム」の意味でも解釈できるのでは、と異議を唱えられた。その句に関しては、確かにそういう解釈も成り立つ。なるほどと思うと同時に、「ことば」の面白さを思った。

 もちろん前後の言葉の関係から、ほとんどの場合正しく伝わるのであるが、中には微妙なケースもあるものである。

 俳句に使う「ことば」に関して、特別に「規則」があるわけではない。その時代、その時代に「無理なく伝わる」言葉として扱えばよいのであろう。

 さて「リード」の句。近年は愛犬家のために、短くすれば一メートルくらいでも、伸ばせば最大十メートルほどにもなるものが売られているようである。上天気の「野遊」。作者の気持ちも晴れ晴れ、そんな主人の意向を察して犬も上機嫌なのである。「伸ばせるだけ伸ばした」「リード」の先の犬の勢いまで見えてくる。(本井 英)

ふと夫のゐる気配あり初鏡   根岸美紀子

 季題は「初鏡」、元旦に見る鏡である。「夫のゐる気配」というのであるから、夫は本来は「いない」存在ということであろう。元旦になって「初鏡」に向かう作者。どこか近くに、いるはずのない「夫」の気配を感じたというのである。「初鏡」と女性心理がしっかり詠まれている。

 句評というものは、作者の実生活に立ち入ってはいけないのが原則であるが、この句の場合、筆者には、その「夫」の風貌まで目に見えてきてしまって、言葉に詰まってしまう。たとえば筆者のように大きな声を出して、家中をどしどし歩いているような「がさつな男」の場合は、「気配」などという微妙なものはなく、細君からすれば、やや鬱陶しい位であるが、一方、作者の「ご夫君」は確かに、いつの間にか、ふっと近くに佇んでいるような、静かな人物であった。あらためてご冥福を祈る次第である。作者の亡き夫君への「愛」がしみじみと伝わってくる。 (本井 英)

小父さんが去り山雀もゐなくなり  児玉和子

 季題は「山雀」。小禽類の例に漏れず秋の季題ということになっている。漂鳥の多くが夏の間山奥深く棲み、秋になると人里近く現れて、人目につきやすくなることから「小鳥来る」の季題が成立、それに伴って個別の「小鳥の名前」のほとんども秋の季題となったものであろう。そして春には「囀」という求愛行動が人々の興味を引き、個別の「鳥の名」は「百千鳥」という不思議な括られ方をする。

 さて「山雀」は人に懐くことでも小禽類中、特異な鳥かもしれない。明治神宮の内苑あたりでも、ポケットから向日葵の種だのピーナッツだのを小出しにして「山雀」の歓心を買っている「小父さん」をよく見かける。山雀たちは、小父さんが掌に置いたピーナッツを咥えては飛び去り、何処かに隠しては、また飛来して「おねだり」する。世間であまり慕われることのなくなった「小父さん」たちにとっては、自分を疑うことなく掌に止まる「山雀」は可愛くて仕方がない。さてしばらく「餌のある限り」は睦み合っていた「山雀」と「小父さん」。餌が無くなって、「小父さん」が立ち去ると、極々自然に「山雀」もあたりから見えなくなったというのである。微笑ましいような、ちょっと悲しいような、不思議な味わいのある一句である。

 虚子に〈山雀のをぢさんが読む古雑誌〉という昭和二十五年の句があるが、こちらは「山雀」がお御籤を引いてくる芸。鎌倉の八幡様の境内に毎日出ていたのを筆者も憶えている。たしかに何時も暇そうにして「古雑誌」など読んでいた。掲出句とはまるで違う世界の句ではあるが「山雀」と「小父さん」という言葉は共通していて、どこか「淋しい」感じも通じている。  (本井 英)

杞陽忌の時雨れ時雨れて暮れゆけり  遠藤房子

 季題は「杞陽忌」。十一月八日である。「時雨」も季の言葉としては「重い」が、期日限定性の強い言葉の方が季題としてはより強い。さらにこの日は、およそ毎年「立冬」の日に重なる点も特徴的である。そんなことからも「時雨(冬の到来を表す、時の雨)」との縁が深いと言えよう。また実際、三十回忌まで継続されていた「杞陽忌」の当日に「時雨れる」ことも少なくなかった。

 「杞陽忌」の当日、その頃らしく日本海の沖から、円山川を遡ってやって来る「時雨雲」が、朝から何度も「雨」を零しては上がり、ふたたび降っては止むことを繰り返したのであろう。「時雨れ時雨れて」は漠然とした畳語表現ではなく、実際に「何度も何度も」の謂である。そして暮れ方となり、とうとう暗くなったというのである。

 杞陽に〈花鳥諷詠虚子門但馬派の夏行〉という名吟がある。決して大人数ではなかった「但馬派」の人々の、今に至ってもなお、先師の教えを奉じてけっして「ブレない」花鳥諷詠の真髄に触れるような句と言える。何日も前から「その日」を待っていた人々の、「その日」の過ぎて行くことを淋しく見送る「心」が滲む。

くす玉の片割れづつの海月かな  前北かおる

 季題は「海月」。「水母」と書くこともある。日本近海では必ずしも夏に限って現れるわけでもないが、半透明のふわふわしたようすは「夏」にふさわしいイメージといえよう。湘南の海水浴などでは、土用浪が立って、暦の秋も始まる頃の方が「くらげ」は多く出没したように記憶する。

 さて一句の眼目は「くす玉の片割れ」。「くす玉」といっても季題の「薬玉」、「長命縷」とは違って、運動会などでの「くす玉」割りのそれ。球が真っ二つに割れる「あれ」である。「海月」にもさまざまの種類があるのであろうが、この句に詠まれた「海月」は運動会の「くす玉」割の、「半球」そのものという感じで潮に漂っているのである。「片割れづつ」というので一個ではない。おそらく二個、だとすると、二つをくっつければ「球」に戻るような空想をしながら眺めていることもわかる。何度も見て知っているはずの「海月」をあらためて凝視したからこそ、こんな風にも見えてきたのである。  (本井 英)