課題句(2017年4月号)

「風光る」        永田 泰三 選
待つ人の姿見え来し風光る       岩本桂子
方丈の庇の反りや風光る
笑ひ声あれはラの音風光る       坂廣子
子らのリュック樹下に寄せあり風光る  前田なな
シュートの子受けてゐる子に風光る   辻 梓渕
電停に海のにほひや風光る       田中香

課題句(2017年3月号)

「苜蓿」       藤森 荘吉 選

クローバに礎石四つの沈みゐし     田島照子
寝ころぶは若きしるしやクローバー
古里に戻りて農や苜蓿
母さんを待ちつ束ねるうまごやし    原田淳子
クローバに寝て青空をひとり占め    宮田公子
クローバにフレアスカート座りをる   児玉和子
先生を囲む四五人クローバー      飯田美恵子

課題句(2017年2月号)

「下萌」          坂 廣子選     

フラミンゴペリカン孔雀下萌ゆる    前北かおる
曳き馬の背に跨れば草青む
廃線の犬釘錆びて下萌ゆる        児玉 和子
下萌に書読むと思ひ定めたり       田中  香
下萌や雨止めば日のぬくもりに      岩本 桂子
貯木場に空地ひろびろ下萌ゆる      本井  英

課題句(2017年1月号)

「氷柱」    青木 百舌鳥 選

ザクザクと河原を歩して氷柱見に    山本道子
長き棹振りて落とすや軒氷柱
母見舞ふ氷柱雫の昼下り        岩本桂子
せつくとしたゝりやまぬつらゝかな   藤永貴之
小氷柱の絶えずふるへて育つめり    前北かおる
スキー抱へ直して氷柱くぐりけり    田島照子

課題句(2016年12月号)

「除夜の鐘」       石本美穂 選

考の年齢越えて他郷の除夜の鐘     吉田朝江
夜気凛と城下町なる除夜の鐘
一打目の響きことさら除夜の鐘     木下典子
除夜の鐘入江の町に寺二つ       田中 香
除夜の鐘百八打目の海に消ゆ      梅岡礼子
まがふなく増上寺なる除夜の鐘     本井 英