雑詠(2017年4月号)

小父さんが去り山雀もゐなくなり    児玉和子
枯芝を見渡す石の露台かな
綿虫や石の露台に石の椅子
綿虫の細かに震へながら飛ぶ

楮蒸す足助の空に湯気の立ち      大山みち子
一時間半も歩いて狩の宿        小沢藪柑子
エンディングノートなど書き日短か   井上 基
父母と錦市場(ニシキ)の話酢茎食ぶ   冨田いづみ

雑詠(2017年3月号)

杞陽忌の時雨れ時雨れて暮れゆけり   遠藤房子
朝霧の晴るる明るさ鳥横切り
これよりは散るばかりなる紅葉山
石蕗の黄や海見はるかす蜑の墓

トロッコの一駅ごとに冬近し      堀内敦子
東京の奧に富士置き冬の晴       町田 良
十三は晴西院は時雨るると       酒泉ひろし
白濁の爪立て黒部川澄めり       前田なな

雑詠(2017年2月)

くす玉の片割れづつの海月かな      前北かおる
塗り台に陶の雛の映り込む
すぐしやがむつられてしやがむ犬ふぐり
古雛とろとろとろと太鼓かな

春一に攫はれ雨のよこつとび       藤永貴之
野分中おでこまともに吹かれくる     岩本桂子
秋日傘たたみ遊覧船に入る        近藤作子
大型トラックサルビアに左折して     杉原祐之

雑詠(2017年1月号)

雨月かな畳敷きなる中廊下       児玉和子
金蛇の心拍二つ二つ打つ
羽目板を繕うてあり獺祭忌
秋冷や子規枕頭の地球儀に

のうさばを吊りて空家の軒の鉤     藤永貴之
子規庵の庭のそこここ蚊遣香      木村美智子
川風が花葛の香を寄せて来し      田中 香
蟷螂の啖(クラ)ふや翅は散りこぼれ   青木百舌鳥

雑詠(2016年12月号)

わたくしが真ん中夏の大三角          磯田和子
老鶯や川筋烟る旅の朝
蟬穴へ亭午の日射し届きをり
くちづけと云ふは真つ赤なトマトの名

南瓜ひとつ腹のあたりで渡しけり    田中 香
一の橋二の橋皐月三の橋        宮川幸雄
喪服着てやゝ児あやして百日紅     永田泰三
山裾に沿うて落ちゆく冬日かな     藤永貴之